• ホーム
  • 出展のご案内
  • 出展社様の声

出展社様の声

ここではこれまでにご出展いただいた事業社様から届いた様々なお声をご紹介します。

「GDSは来場者バイヤー様の購買意識が高く、会期後の反応・採用決定が早い。とても満足しています。」

(有)東京ひろや 様

グルメ&ダイニングスタイルショーには2019年春の会期から連続して3回目の出展になります。一人でも多くの方に当社の商品である本格だし茶漬け「飯膳」を知っていただき、全国展開を行っている店舗様、こだわりの商品を取り扱う専門店様と手を組み、販路を広げたいという思いで出展を決めました。

2020年春の会期では、全国展開の大手チェーン様からPBとしての製造依頼、大手カタログ販売店様からギフト商品としての掲載依頼、こだわりの商品を製造するメーカーとのコラボレーション依頼など、オリジナルからPB展開まで様々な引き合いをいただくことができました。

グルメ&ダイニングスタイルショーは、来場されるバイヤー様の購買意識が高いので、展示会後の反応もよく採用決定も早いです。また、会期中に出展社間でつながりができることが多いのも良いところだと思います。

「酒類の新たな可能性を発見できた。まだまだ、まだまだ未知のチャンスはあると感じました。」

エチゴビール(株) 様

今回出展した商品は、「のんびりふんわり白ビール」「FLYING IPA」「プレミアムレッドエール」「こしひかり越後ビール」などです。個性的な品揃えで有名な雑貨店が展開する食品店へは会場での商談後にサンプルを送付し、その後全店舗で複数アイテムの導入が決まりすでに初回分の納品をしました。また、全国にチェーン展開している大手の生活雑貨店とはメールでのやり取りを経て帳合企業に見積依頼があり、ほぼ導入が決まりました。

今回は通常弊社が出ている展示会でお会いできないバイヤーの方々にエチゴビールを知ってもらいたい、クラフトビールの可能性(今まで付き合いのない業態への販路開拓)を発見したいと思い初めて出展しました。ギフトショーとの同時開催のためか、酒類業界と関係の薄そうな、普段の展示会とは明らかに異なる客層に出会えることができました。また、コーナー化されたオープンなブース配置のためなのか、とにかくお客様がたくさん来てくれました。

グルメ&ダイニングスタイルショーのここがいい!

グルメ&ダイニングスタイルショーに出展するメリット、魅力はどこにあるのか。出展社様からの声を一部ご紹介します。

「来場者がかなり多く、製品・企業PRにはうってつけである。」
「毎回参加していますが、多数のバイヤーより反響をいただいている。冷やかしではなく購買意識が高いことが魅力的。」
「業務用製品を扱っているが、贈答用の需要もあることがわかった。」
「大型食品見本市と客層がかぶらないので継続出展している。」
「新規のお客様との出会いが毎回楽しみである。」
「出展社説明会で具体的なアドバイスをしてくれるので助かった。」
「異業種が多く、今まで出会えなかった方のニーズや思いもよらない商売が存在することを知れた。」

グルメ&ダイニングスタイルショーのここが不満!

出展を検討いただく際に不安・心配はつきもの。
ご意見・ご要望などございましたら、事務局に何でもご相談ください!(TEL:03-3847-9853)

ご意見①「事前準備から出展、撤去と、かなりの労力がかかる。」
事務局からご出展社様には本当にご負担をおかけいたしておりますが、皆様の素晴らしい商品を、必要となさる多くの方々に流通させることが開催の主旨となります。出展社の皆様はそれなりのご準備をされ出展に臨みますし来場者も期待してご来場下さいます。
ご都合が合うタイミングで構いませんので是非、ご出展をご計画ください。
ご意見②「出展料が高すぎる。」
事務局から当社は民間で主催しており、資金助成等を受けておりません。アクセスの良い開催会場のおさえ・会場巡回バスの運行等、ご来場者の来場環境と皆様の商談環境を整え、しっかりとしたご成果をお出しいただくためのコストとお考えいただけますと幸いです。
ご意見③「業務用大口商談を考えていたが、期待した来場者と出会えなかった。」
事務局からご期待にお応えできず大変申し訳ありません。GDSは質販・ライフスタイル志向の見本市として、あえて得意な業態・業種を持ちません。商材等のマッチング(相性)につきましては出展検討・申込時に事務局員にお問い合わせいただければ貴社に相応しいご提案を差し上げます。
ご意見④「搬入・搬出が非常に大変だった。」
事務局から会場工事、また全体催事の関係で毎回2,000社以上もの物流が混在します。指定業者の一括搬入出のご利用や、皆様で譲り合いいただきながらの運用となっております。ご出展社様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご協力いただけますと幸いです。